第3号議案

平成30年度事業計画(案)

 人材不足が常態化して、それを補うために各企業がそれぞれに工夫を凝らしておられることと思います。
  ・既存の社員の能力向上
  ・工具の研究
  ・CAD、CAMへの取組
  ・新しい工作機械、ロボットの活用
  ・工程管理システムの導入
  ・積極的な再雇用

 

 以上は、以前から取り組まれていることと思いますが、中小企業ではわかりづらい以下のようなテーマを組合の研修に取り入れていこうと思います。
  ・IoTとAIの将来性について(総会の記念講演で実施)
  ・XR(VR、AR、MRの総称)について
  (1960年代からの技術だが、機器が安価になり3度目のブームが到来している)

 

 三重県産業支援センター、中小企業団体中央会、桑名市など行政、青年部(八日会)と連携を計り、事業を進めてまいりますので、会員各位のご理解とご協力を心よりお願い申し上げます。


事業の内容

(1) 人材を育成し組合企業の活性化を計るための事業
  1:企業見学会(会員企業および国内外の優良企業)
  2:ものづくり講習会
  3:情報提供 (FAXに加え、メールによる情報網も拡充する)
(2) ベトナム実習生受入支援
(3) 福利厚生事業
  1:各種共済制度の加入促進
  2:親睦事業
(4) 後継者育成事業
  1:青年部(八日会)活動の積極的な支援
(5) その他



■ 平成30年度事業計画(案)
■ 平成29年度事業計画(案)
■ 平成28年度事業計画(案)
■ 平成27年度事業計画(案)
■ 平成25年度事業計画(案)
■ 平成24年度事業計画(案)
■ 平成23年度事業計画(案)
■ 平成22年度事業計画(案)
■ 平成21年度事業計画(案)
■ 平成20年度事業計画(案)
■ 平成19年度事業計画(案)
■ 平成18年度事業計画(案)
■ 平成17年度事業計画(案)
■ 平成16年度事業計画(案)
■ 平成15年度事業計画(案)
■ 平成14年度事業計画(案)
■ 平成13年度事業計画(案)
■ 平成12年度事業計画(案)
■ 平成11年度事業計画(案)