株式会社ケー・アイ・ピー

TEL:0594-37-0570 FAX:0594-37-0571
E-mail:info@kip.ne.jp

フォームデコード使用方法

フォームデコードとは

webを閲覧していると、次のようなフォームを見かけます。

お名前:
コメント:

このようなフォームに入力して[送信]ボタンを押すと、入力した内容がメールとして指定したE-Mailアドレスに届きます。しかし実際は、送信の際にエンコードされてしまいますので、

%1B%24BL%3EA0%1B%28J=%1B%24B%21%7BLn%1B%28J+%1B%24B%22%22%3BR%
1B%28J&%1B%24B%25a%21%3C%25k%25%22%25I%25l%259%1B%28J&%1B%24B%25a%
25C%25%3B%21%3C%258%1B%28J=%1 B%24B%24%24%24D

という、そのままでは読むことのできない形式に変換されてしまいます。これを

お名前 = 切符太郎
コメント = はじめまして

というように、読めるように解読(デコード)して送信するのが「フォームデコードCGI」の役目です。

基本的な使い方

フォームデコードCGIの本体は、以下の場所にあります。

/formdecode/formdecode.cgi

最も基本的な使い方は、FORMタグを次のように記述します。

実際には「送信先メールアドレス( _to )」にフォームを送信したいE-Mailアドレスを入力します。

ここは必ず指定する必要があります。

<FORM METHOD=POST ACTION="http://virtual.kip.ne.jp/cgi-bin/formdecode/formdecode.cgi">
<INPUT TYPE="hidden" NAME="_to" VALUE="送信先メールアドレス">
お名前: <INPUT TYPE="text" NAME="name"><BR>
コメント: <INPUT TYPE="text" NAME="comment"><BR>
<INPUT TYPE="submit" VALUE=" 送信 ">
</FORM>

これは次のように表示されますので、

お名前:
コメント:

と入力して送信ボタンを押すと、

name = 切符太郎
comment = はじめまして

といったメールが“送信先メールアドレス”宛へ送られて来ます。なお、この場合、メールの題名(Subject:)は指定されていませんので、省略値「output from formdecode cgi」となります。

もっと高度な使い方

このフォームデコードCGIでは、件名(Subject:)の指定や送信確認画面の表示など、さらに高度な使い方もできます。詳しい使用法は、[使用方法詳解]をご覧ください。

サンプル

このフォームデコードCGIを使ったサンプルが、[サンプル]にございますので、参考にしてください。